◇◇◇お知らせ◇◇◇

里親さん募集LINK

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 『日原鍾乳洞』 | トップページ | ♪機動ぉ~戦士ぃ~…♪ガンダムぅ~~!ガンダムっ!! »

2008年10月22日 (水)

シェルターでお勉強&ボランティア活動。

081022_01_1

いつもお世話になっているシェルターにて。お勉強&ボランティア活動♪参加させて頂きました。(^^)

今後も保護猫活動や保健所からの引き出しには積極的に参加したいと思っているので、まずは知識を見に付けたいっ!そして我が子達が大人になって巣立った頃、自分が元気に動いていられる状態であれば…。シェルター活動を可能であればやりたい。そんな思いから、あれやこれや考えていても何も知識は付かないし、だったら実践で学ぶのが一番だと思ったので。『じゃ、現場に飛び込んでみようっ!』って思ったのねん…。(・・)

シェルターで里親さんを待っている子達は全て保健所からのレスキューの子達。明らかに人馴れしてて『この子は飼い猫が産んだ子っぽいよなぁ~…。』って子猫もいれば威嚇の嵐で野良の子っぽい子猫もいたりします。人馴れしてようが威嚇していようが、この子達は保健所に持ち込まれた子である事には変わりないし、【レスキューする人が現れなければ消えていた子達】だったって事を考えると無邪気な寝顔を見ているだけで胸が痛くなります。(T^T)

さて…。今回、シェルターにて参加させて頂いた活動は主に保護猫のケア。体重測定、記録、便のチェック。あと食器類の消毒、洗浄、各猫部屋のお掃除などなど。まだワクチンを打てない小さな子ばかりって事もあるし、1回保健所に入った経緯のある子達なので、とにかく消毒すると言う行動は基本中の基本。シェルターでは動物病院などでも使われるビルコンを使っていました。これって塩素みたいに手荒れしないし、臭いも無いから再び我が家に一時預かりの子が来る様な事がある場合には購入してみようと思いました。(=・・=)

081022_02_1

それぞれの子が入っているゲージのお掃除が終わって、ちょっと休憩してる時に【遊んでオーラ】を発してた子。この子はアビが入ってるみたいな子で背中の毛色が綺麗な子。うっすら柄も見えるんだけど、その色具合が何とも個性的で可愛い♪こういう毛色ってMixならでわよねぇ~。(*^^*)

とにかく、保護してる子にゃんの数が多ければケアをするのも大変な事。1日なんて『あっ!』と言う間に過ぎていく…。それを自分なりに無駄なく動かすにはどうしたら良いのかとか色々とシェルターでお手伝いさせて頂いて考えたりもしました。

でも、まだまだ…。1日程度じゃ何も理解は出来ていないと思うので…。また時間を取ってお手伝い&お勉強をするべく、頑張って行ってみようと思いました。(^^)v

※保健所の殺処分についての過去記事はこちら

Line1_silver_1_4

帰宅後…。

我が家の『りな』『銀太』『こむぎ』のお出迎え♪そして全員から【にほひチェック】…。(*^^*;)

081022_03_1

『銀太』のつぶやき…。

いつもは何を抱っこして帰ってきても、何ら変わらず平然としてる『銀太』なのですが…。今回ばかりは『銀太』の【にほひチェック】は厳しかったなぁ~…。(^^;)

ってか、今回シェルターで本当に沢山の子にゃんの顔を見たけど。『銀太』みたな顔してる子って1匹も居なかった。やっぱ、『銀太』の顔って猫じゃなくて熊とか…。顔が『銀太』みたいに横に広い楕円形してる猫って珍しいんだなぁ~。って事も再確認したシェルターでの活動でした。(^⌒)/

« 『日原鍾乳洞』 | トップページ | ♪機動ぉ~戦士ぃ~…♪ガンダムぅ~~!ガンダムっ!! »

コメント

『銀太』君、の厳しいチェック入りました?(笑)
素敵な活動始められたんですね^^

荒川区の「カラスや猫への餌やりに罰則」とかいう条例案で保護活動に支障をきたしていませんか?ビックリするような内容で荒川区以外の地域でも活動しにくくなったとか。。。
反対の署名運動してますよね。私も出来る限り集めてみようと思っています。

「ホワッツ マイケル」って見たことなかったですが、楽しませていただいちゃいました(=^・^=)

Miu Catさま

はいw
『銀太』からは、かなぁ~り厳しいチェックが入りましたよぉ~。(^^;)


荒川区の件。
む~…。難しい問題ですね。
猫好きな人と、そうでない人がいますから…。
こういった問題は少なからず昔からある問題ですよね…。(・・)

実は…。
娘ちゃんの夏休みの自由研究で、保健所の動物殺処分と地域猫との関わり方、えさやりの問題点などを、かなりの時間をかけて研究というか題材にして色々と調べてみたのですが、荒川区の言っている事は、“えさやり”が問題として勃発している地域では同じ様に問題として扱われる内容なんですよね。

良かれと思ってご飯を与える行動が野良猫の出産を助けてしまい、結果的にある特定の地域だけで野良猫の密度、頭数が濃くなってしまうと言う事が現実であると言う悲しい事実。この問題って本当に考えると胸が痛くて…。でも簡単に良いか悪いかを判断出来る事では無い様に感じています。(T^T)

ちょっと、自分でも荒川区の猫の事、“えさやり”の現状についての問題を調べてみますね。奥が深く難しい話題だと感じています…。(__)

ほんとに難しい問題ですよね。

猫嫌いな方はどこにでもいるし、ご飯だけあげてあとの始末は知らん顔・・・食べ残し、ふんの問題等々、かえってボランティアさんの活動の妨げになるような行為が多いことも事実ですもんね。。。

増やすつもりがないのなら、去勢・避妊を義務付ける方法はないのかしら・・・と、昨夜のTV(捨て犬・猫の殺処分の問題)を見てて思いました。悲しい現実ですよね。

Miu Catさま

ですよね…。
本当に難しい問題だなぁ~って思いますよぉ。(T^T)

『可哀想だからご飯をあげる』
その行動をした時点で【自分の飼い猫】と言う認識を人間が持って猫に接する事が重要であると言うお話しを聞いた事があります。

餌を与えるのであれば、その猫の避妊・去勢はもちろんの事、生まれた子猫も同様に責任を持って最後まで接する意識を持たなくてはいけないのだと私は思っておりまする。(・・)

保健所での年間殺処分頭数…。
何年経っても猫の殺処分頭数が減らないのも、その問題が裏にはあるんじゃないかなぁ~…。って感じます…。(T^T)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102103/42812594

この記事へのトラックバック一覧です: シェルターでお勉強&ボランティア活動。:

« 『日原鍾乳洞』 | トップページ | ♪機動ぉ~戦士ぃ~…♪ガンダムぅ~~!ガンダムっ!! »