◇◇◇お知らせ◇◇◇

里親さん募集LINK

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 殺処分にしないで。 | トップページ | kochiさんの写真展in京都 »

2008年5月14日 (水)

保健所の殺処分について考える。

昨日『殺処分にしないで』というタイトルで記事を書きました。その後の事が【ドリアンぶたまるの猫ふんじゃった?日記】さんに記事UPされています。

本当に良くも悪くも【仔猫の時期】。年間、保健所に持ち込まれて殺処分されてしまう頭数は犬より猫の方が多いのが現実…。どういう訳だかペットショップで購入したであろう【ブランド犬】も持込まれてたり…。はぁ~…。何なんだろう……。

って事で実は、私。保健所から引き取った猫をケアした後、里親さんを募集する活動を行っている某団体さんへ、一時預かりのボランティアとしてエントリーしたのは4月の初め。現状、その団体さんからの連絡待ち状態。うんうん…。でも連絡、来ない…。(T^T)

我が家、受け入れ態勢万全でお待ちしております。もうちょっと待っても連絡が来なければ電話してみようかな…。(・・)

で、その一時預かりのボランティアにエントリー後、色々と保健所の殺処分や現状などについても自分なりに勉強しています。本も読んだり、ネットでも調べてみたり、本当に色々。そんな時に見つけたのがYou TubeにUPされていた朝の某情報番組内での特集。

ね…。【ドリームボックス】って…。

『海に行くから猫を保健所へ』って?『もうどうにもならないから』って何が??結局のトコ、この家族って子猫を2ヶ月間、玩具にして遊んでただけなんじゃん。最初から責任なんて持ってないだろうし子供がどうのこうのじゃなくてさ、親がこんなことして「優しさが芽生えた」なんて言っちゃってる事自体が異常。無責任にも程がある…。全く理解不能。

一番最初に、その子(猫・犬)を抱っこした時の気持ち、感触、喜び、嬉しさ…。絶対に忘れてはいけないんだと思う。犬や猫は【物】じゃないんだもん。

TVではペット産業を宣伝するかの様な番組ばかりで、なかなかこういう内容の番組って放送されない。もっとこういった話題を番組として取り上げて欲しいと思う今日この頃です…。

« 殺処分にしないで。 | トップページ | kochiさんの写真展in京都 »

コメント

最後まで、飼い主を待ちつづけて・・・自分に置き換えて考えて欲しいです。

>一番最初に、その子(猫・犬)を抱っこした時の気持ち、感触、喜び、嬉しさ…。絶対に忘れてはいけないんだと思う。犬や猫は【物】じゃないんだもん。
同感です。

私もほんとに微力ですが、自分にできることしていきたいと思っています。

Miu Catさま

今回Blogに貼り付けた朝の某情報番組内での特集ではドリームボックスに移される瞬間までが映像として取り上げられていますが、YouTubeには、【その後】の焼却処分に行くまでの映像もUPされている物があります…。

私は、その映像も見ましたが…。正直、その【現実】を見たショックが大き過ぎて、立ち直るまでにかなりの時間が必要でした。

処分する事に税金が使われるなら、里親さん募集をもっと積極的に行って欲しいな…。って思います。

でも、それ以前の問題で、動物を保健所に持ち込んだり捨てたりする人がゼロになってくれる事を切に願っています。(T^T)

これ、リンク張ってみるね・・・大勢のみんなに見てもらおう。

ドリアンぶたまるさま

はいっ!
私も多くの人に、この現実を知って欲しいと思っています。(・・)

我が家の3にゃんも元捨て子。運良く温かい人に見つけられて里親募集をして下さったからこそ今のこの子たちが【私の家族】として存在している訳で…。運悪く保健所に持ち込まれていたら……。と考えると涙が出てきます。

いつか日本から殺処分がなくなる日がくる事を願っています。(T^T)

遅ればせながら、私もリンク貼らせていただきますね。
少しでも多くの方に現実を知っていただくように。

Miu Catさま

ありがとうございます。

保健所の殺処分については賛否両論あるとは思いますが、私は殺処分には断固反対ですっ!!(T^T)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102103/41206917

この記事へのトラックバック一覧です: 保健所の殺処分について考える。:

« 殺処分にしないで。 | トップページ | kochiさんの写真展in京都 »