◇◇◇お知らせ◇◇◇

里親さん募集LINK

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« こんぺい糖の踊り | トップページ | くるみ割り人形、グラン・パ、コーダの想い出…。 »

2006年11月29日 (水)

パ・ド・トロワ、アダージョ。

Bravo_ballet_01_39 今日は昨日の時点で未完成だった、くるみ割り人形・第二幕より「こんぺい糖の踊り」、オルゴールVerへのアレンジ作業から開始した1日でした。(・・)

元々、チェレスタの音がメインな曲なので、オルゴールVerへのアレンジは難しかったです。音を崩しすぎても変だし、かと言って全く崩していないアレンジも単調で妙な感じ…。そして音域に制限があるのが着メロなので高音にし過ぎてしてしまっても音が出ないし、逆に低音にしてしまうと音が割れてしまう…。(--;;)

音階の選別や決定に至るまで何回も色々な事をやってみたのだけど。何とかまとまりました。(^^;;)

くるみ割り人形・第二幕より「こんぺい糖の踊り1」オルゴールMA64和音・着メロイメージ 

え~っと…。(^^;;)

以前、お話した事があるかもしれませんが…。Bravo! Ballet!!のオルゴールVer着メロ・イメージと制作コンセプトは“手の平サイズの小さなオルゴールの音”なのですねん。(^^)

本当はアンティーク・オルゴールの音を着メロとしてリリースしたいのだけど、音域の規制とか音割れの問題などがありまして…。出せない訳ではないのだけど、出さない事に決めています。どうもアンティーク・オルゴールの音域を意識してしまうと音の周波数の関係なのでしょうか??生活音に同化してしまって、着メロとしての働きが出来ない音階の着メロになってしまうのです。(T^T)

と言うか…。着メロ制作とは制作者であるクリエーターの“音感”と“感覚”が頼りになってくる部分が多いので単に私の耳が悪いのかも…。はたまた個人の音の感覚に違いがあるのか?ってトコに話題は行ってしまうのですが、そこまで考えちゃうと着メロ制作は出来なくなってしまうので、あえて考えない様にしています。(--)

みんな個々それぞれ顔が違う様に…。そしてバレエの得意なパが違う様に、着メロに関しても同様で聴き取りやすい音って違って当たり前ですよね。だからこそ、クラシック音楽の着メロや、それを崩したオルゴールへのアレンジって正解が無くて、毎回、悩んでばかりいます。でも、無駄に悩んでいる訳ではなくて、悩んだなりに何か新しい発見もしています。MIDIを着メロに変換(コンバート)するって作業は、本当に奥が深くて難しい事なんだなぁ~…。って今日も感じた1日でした。(・・)

で…。「こんぺい糖の踊り」の着メロ・コンバートも何とか完了しましたので。今日は残った時間を使って白鳥の湖・第一幕より「パ・ド・トロワ アダージョ1」のリメイク作業を開始。今回リメイクした「パ・ド・トロワ」はテンポを少しだけいじってみまして。より踊りのテンポに近い雰囲気になる様、リメイクしてみました。(^⌒)

白鳥の湖・第一幕より「パ・ド・トロワ アダージョ1」オーケストラMA64和音・着メロイメージ

この曲がリリースされるのは年明け1月に入ってからとなります。詳しいKクリの年末年始新曲リリースのお知らせは後日、記事としてUPさせて頂きますので、どうぞご参照下さいます様お願い申し上げます。 (__)

今日もYouTubeより、ディズニー、ファンタジアの「こんぺい糖の踊り」の動画をセレクトしてみました。ファンタジアって「くるみ割り人形」の音楽が満載で、そしてクラシカル・ディズニーな雰囲気の可愛いキャラクターが続々と登場する魅力的な映像が楽しめますよね。私はファンタジアが大好きでビデオですが購入して持っています。次はDVDを買いたいな♪(^0⌒*)

« こんぺい糖の踊り | トップページ | くるみ割り人形、グラン・パ、コーダの想い出…。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102103/12858860

この記事へのトラックバック一覧です: パ・ド・トロワ、アダージョ。:

« こんぺい糖の踊り | トップページ | くるみ割り人形、グラン・パ、コーダの想い出…。 »