◇◇◇お知らせ◇◇◇

里親さん募集LINK

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« くるみ割り人形・花のワルツ | トップページ | サーカスって凄いっ!! »

2006年10月11日 (水)

ボリショイ・213回目のシーズン…。

Bravo_ballet_01_32 昨日に引き続きまして本日も「くるみ割り人形・第2幕より“花のワルツ”1」。そうそう…。この曲の冒頭部分であるソロ・ハープ部分のテンポ取りから開始した1日でした。(・・)

音楽の感覚をリセットして新たな感覚にて作業に挑んだ訳なのでけど…。昨日制作したMIDIのテンポは何回聴いてみても、やっぱ何か違う様な…。CD収録のテンポでは踊れるテンポじゃないし。もうCDは当てには出来ないので本日は映像資料からのテンポ取りをしました。(・・;;)

今日、参考にした映像資料はボリショイ。う~…。やっぱ、踊りを観てしまう……。良いんだなぁ~…。このボリショイの「くるみ割り人形」。(*^^*)

でも、踊りに魅入っている訳にもいかないので、TV画面に背を向けてテンポ取り開始。今日、観たのはボリショイ管弦楽団演奏、指揮/A.コプィロフで213回目のシーズン。劇場初演(1919年)から418回目の公演で1966年の最終版から202回目の公演。1989年5月2日ボリショイ劇場収録の物です。クララ役はN.アルヒーポアさん。王子役はI..ムハメドさん。解釈はグリゴローヴィッチ版。吉田都さんが金平糖の精で出演されていらっしゃるVerも好きなのですが、私が最も好きな「くるみ割り人形」は今回、参考にしたボリショイの「くるみ割り人形」だったりしますです。(・・)

何回も何回も映像資料からの音楽テンポと実際にMIDIで数値入力したテンポを聴き比べては修正…。みたいな感じでテンポ入力を繰り返していましたが、取り合えず何とかなりました。(^^)

でも…。明日、また再確認してみて違和感が無ければ着メロ・コンバートに入ろうって思ってます。(・・)

ちょいと“花のワルツ”を聴きすぎて、冒頭のハープ・ソロのテンポを聴き取る感覚が無くなってしまった感もあったので。余った時間は「白鳥の湖・第1幕より“ワルツ”7」の制作着手。白鳥・ワルツ、最終フレーズの制作です。曲調、クライマックスって事で盛り上がりのフレーズ。私、このフレーズ、大好きです♪(^^)

「白鳥の湖・第1幕よりワルツ7 オーケストラMA64和音・着メロイメージ」 

演奏形態、派手なので着メロとしては音割れの心配があるしデータ容量にも不安があるのは事実だけど。どうにかリリースするべく明日も頑張ります。(^^;;)

« くるみ割り人形・花のワルツ | トップページ | サーカスって凄いっ!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102103/12247199

この記事へのトラックバック一覧です: ボリショイ・213回目のシーズン…。:

« くるみ割り人形・花のワルツ | トップページ | サーカスって凄いっ!! »