◇◇◇お知らせ◇◇◇

里親さん募集LINK

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 『りな』の左目が…。(=・・=) | トップページ | グランディーバ in 大宮ソニックシティ »

2006年7月22日 (土)

日中でも大きくなってる瞳。(=・・=)

060722_01

いつもと何も変わりなく眠っている『りな』です。でも…。左目が……。(・・)

昨日のショボショボ、そして開かないと言う状態は脱出。今朝はお目目パッチリ。でも白濁も少しあるし、瞳孔を開く作用を持つ点眼薬を処方されているので、日中の明るい時間でも不自然に左目だけ瞳孔が大きく開いしまっています。(=・・=)

どうして瞳孔を薬で開かせる必要があるのか?

いろんな説明を受けて動揺してしまったので、詳しく質問する事すら忘れてしまっていた私…。『こんな時はネットと言う便利な物があるじゃないのぉ~…。』早々、検索開始。(・・)

“瞳孔を開かせる作用のある薬”とは【散瞳薬】と言う物だそうです。人間でも眼底検査や屈折検査の際に使用する事もあり、点眼後5~6時間は瞳孔が開いたままの状態となり光をまぶしく感じるそうです。猫なら車の運転をする事なんてないのですが人間の場合、この【散瞳薬】を何らかの検査などで使用した場合は急に明るい所へ出たり、車の運転は大変危険なので辞めた方が良い様です。

で…。なぜ瞳孔を開かせる必要があるのか?って事も検索。虹彩(前眼房)と水晶体(後眼房)の癒着を防ぐために使用する。と書かれてありました。ちょっと疑問解消した様に思う…。でも素人判断は危険なので次回、病院に行った時に詳しく先生に聞いてこようって思ってます。(・・)

あと、目の白濁に関して。これは先生にちゃんと聞いてきたんだけど、白濁しているから見えなくなっていると言う事ではなく、目の細胞が炎症を起こして配列が乱れると白く濁った様に色が変わって来てしまうとの事。1回白濁してしまうと一生、白濁した状態が続いてしまうのでは?って思っていた私なのですが、症状によっては目の炎症が納まり細胞の炎症が消えて配列が元に戻った時、白濁の症状も消えるんだって。昨日よりも濁った感じは薄れている様にも見えるので、大丈夫かな??(・・)

かなり左目の瞳孔が大きく開いているので、きっと眩しいんだろうな…。部屋を暗くしてあげた方が負担も少ないかも?って思い、カーテンを閉めました。でも、やっぱ、まだ異常の無い右目の瞳孔に比べたら左目の瞳孔の方が微妙に大きい。う~…。本当ならもっと暗くしてあげたいんだけど、そうすると暗闇では何も見えなくなってしまうのが人間…。生活できなくなっちゃうから、これ位しか出来なくて申し訳ないんだけど許してね…。(T^T)

昨日は、目の痛みもあったのか眠り方も熟睡出来ていない様な感じの寝方をしていました。何かを警戒しているお外にゃんの様な寝方…。でも今日は、いつもの様にお腹を見せてお昼寝もしているし、左目以外は何もいつもと変わらない。昨日に比べたら少しずつ回復している様に思います。(=・・=)

この調子で頑張って回復してね。どんなに引っかかれても、お薬のませて治してあげるからねぇ~っ!!!(T^T)

060722_02

『りな』の可愛い肉球

 

« 『りな』の左目が…。(=・・=) | トップページ | グランディーバ in 大宮ソニックシティ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102103/11064087

この記事へのトラックバック一覧です: 日中でも大きくなってる瞳。(=・・=):

« 『りな』の左目が…。(=・・=) | トップページ | グランディーバ in 大宮ソニックシティ »