◇◇◇お知らせ◇◇◇

里親さん募集LINK

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« 猫の島?(=・・=) | トップページ | My Size Barbie♪ »

2006年5月 7日 (日)

グランディーバ2006プレビュー公演

Diva2006_1

今年もグランディーバ、日本来日公演の季節となりました☆(^⌒)

今日は待ちに待った新宿文化センターにてプレビュー公演。このプレビューにて来年、2007年シーズンの公演を観に行くのか否か…。って部分が私の中で決まりつつあります。(^^;)

Diva_sleep 昨年(2005年)のプレビューでは『眠れる森の美女パーティー』を観て、グランディーバのクラシック・バレエ新作に感激っ!「来年はコレをじっくり観たいのでチケット、買いまぁ~すっ!」って即座に決定っ!2006年に至るって感じでした。(^-^)

今年のプレビュー。去年にも増して良かったし私は感激でしたっ!(T^T)

なんと言っても、クラシック・バレエが好きな私。創作やモダンの部類に入る振付はあまり好きではないので、専らクラシック・バレエの作品で面白い演目がグランディーバで観たくて。プログラムを毎年、選んでます。(・・)

プレビュー公演は当日、プログラム内容を知る事となるのでワクワクです♪

で…。本日のプレビュー公演プログラムとキャストのご紹介。(^^)
※ ★印はバレリーノ名(男性ダンサー名)、☆印はバレリーナ名(女性ダンサー名)です。

♪・‥…━━━♪・‥…━━━♪・‥…━━━♪・‥…━━━♪

第1部

♪Scaramouche~スカラムッチャ~

音楽 : ミヨー
振付 : マーカス・ガランテ
衣裳 : オズワルド・マニュース

『むかし、むかし、あるところに、スカラムッチャという男がおりました。この男、たいそうないたずら好きで、毎日友人たちといたずらを繰り返しておりました。ある時、彼らは女性たちを対象に“ナンパ”計画を立てたのであります。もちろん、彼らは自信に満ち溢れていたので、手に掛ければ女性は簡単に落ちると思っていたのです。さて、彼らの「彼女GET作戦」はどんな結末をむかえるのでしょうか?フランスの作曲家「ダリウス・ミヨー」がラテンアメリカのリズムに合わせてお届けするコメディーをどうぞご堪能ください。』
(2006年・パンフレット演目紹介より引用)

【キャスト】
☆:アリシア・“ハヴァナ”・ビアロソン(★:アレクシス・オファリル)
☆:イメルダ・ハードトゥ(★:カルロス・ガルシア)
☆:ナタリア・マカフラ(★:ブライアン・ノリス)
★:マーロン・アルトゥ(☆:マーシャ・ペイデイ)
★:オズワルド・マニュース(☆:ジンジャー・スナップス)
★:カミロ・ロドリゲス(☆:パロミナ・カレーラ)

この“スカラムッチャ”。オズワルドさんデザインの衣装が可愛かったですぅ~。プログラムの写真ではタイツとポワントの色がノーマル色ですが今日、観たプレビューではチュチュの色と同じタイツ&ポワントで可愛さ倍増してました。(*^^*)

♪Esmeralda Pas de Deux~エスメラルダ・パ・ド・ドゥ~

音楽:ドリゴ(過去パンフではプーニと表記あり)
振付:表記なし
衣裳:表記なし

【キャスト】
☆:タチアナ・デブロコーヴァ(★:バート・デ・ブロック)
★:モンチル・ムラデノフ(☆:フェリーナ・ポードゥブラスカ)

モンチルさんのソロ部分(男性ヴァリエーション)で音楽が流れるタイミングがズレてしまって、冒頭部分ではモンチルさんが音なし状態で数秒間、踊るというハプニングもあったものの最高でしたっ!今、私もタンバリン・エスメをレッスン中なので。大ファンのタチアナさんが同じタンバリン・エスメを踊っていたのは私にとって本当に良い意味で刺激になりましたっ!!感激ぃ~~っ!!(T^T)
そして、最近ではタチアナさんとパ・ド・ドゥでコンビを組んでいるモンチルさん。カッコイイ♪あの細身体型で力持ち。2006年パンフでも“上品さ漂うダンスで王子様ランキング上昇中!”って書いてありましたが、正にっ!その通りだと思いますぅ~…。(*^^*)

第2部

♪Night Crawlers~夜の密会~

音楽:ショパン
振付:ピーター・アナストス
衣裳;クリスティーナ・ギアニーニ

『この作品には3組のカップルが登場し、それぞれショパンの曲に合わせて踊る。ジェローム・ロビンス振付の「In the Night」をもとにピーター・アナストスがグランディーバ流に味付けした。優雅なダンスにお馴染みの曲が合わさってゆったりとした気分で堪能できます。クラシカル&コメディーな素晴らしい作品です。(ここだけの話:あっと驚く小道具が登場しますよ。お楽しみに)』
(2006年・パンフレット演目紹介より引用)

【キャスト】
☆:ナタリア・マカブラ(★:ブライアン・ノリス)

☆:ニナ・マキシモ-ヴァ(★:ヴィクター・トレヴィノ)
☆:パロミナ・カレーラ(★:カミロ・ロドリゲス)
★:エマニュエル・アブルーゾ(☆:ジュリー・クラーク・ケント)
★:ジョージ・キャラバン(☆:イェッタ・ナダリフタ)
★:モンチル・ムラデノフ(☆:フェリーナ・ポードゥブラスカ)

ニナさんの“アクロバット”。健在な演目。初めて観た作品でしたが大変、観ていて面白い作品で笑えました。これぞ正に“グランディーバ流振付”って感じでした。オススメ作品ですぅ~…。(^-^)
本日の席、2列目の中央付近。ダンサーさん達の“息切れ”も聞こえましたが、そこは流石!のプロ・ダンサー。呼吸が速くなっても涼しいお顔で踊っていたのには関心させられました。(^^)

♪Dying Swan~瀕死の白鳥~

音楽:サン=サーンス
編曲:フィリップ・キャロル
衣裳:ホゼ・コロナド
振付:アレン・デニス(フォーキン版)

『白鳥はバレエにおいて重要なテーマのひとつであり、白鳥の持つ優雅な姿は数多くの振付家の想像力を掻き立ててきた。このソロ作品は1905年にフォーキンがプログラムの幕間を埋めようと、伝説のバレリーナ アンナ・パヴロワのために急遽作ったといわれている。この小さな作品が人々を不思議な魅力で誘い、今日これほど有名になるとは想像もしなかったに違いない。生命の終わりを迎えようとしているこの美しい鳥の描写は、メロドラマティックな世界とクロスオーバーする。グランディーバ版“瀕死の白鳥”は、死につながる最期のはばたきを忠実に再現するとともに、あっと驚く技が大きな笑いと涙を誘う。グランディーバの看板作品とも言える大推薦演目。何度観ても笑えるんだな、これが!』
(2006年・パンフレット演目紹介より引用)

【キャスト】
☆:ティファニー・アン・カルティエ(★:カーク・ルーベン)

本日のプレビュー公演ではティファニーさんソロで瀕死でした。毎回、ティファニーさんの瀕死には“美しさ”を感じます。本当の女性以上に美しい動きと表情…。席がバレエを観るには近すぎる前列2列目。でも、このティファニーさんの瀕死は、この席で観られて嬉しかったです。(T^T)
ディーバ版“瀕死”と言えば、ドライアイスで水面を表現する訳ですが…。良い感じで夜の湖上にて最期のはばたきをする“瀕死の白鳥”が観れた様に思います。本当に綺麗でした♪(*^^*)

第3部

♪Raymonda Variations~ライモンダ ヴァリエーション~

音楽:アレクサンドル・グラズノフ
振付:ヴィクター・トレヴィノ
衣裳:ホゼ・コロナド

『もうすぐライモンダの結婚式。みんな幸せムード満載です。さあ、パーティーの準備は整いました!今年は10周年記念パーティーも兼ねています。もちろんあなたも招かれていますから、お見逃し無く!!』
(2006年・パンフレット演目紹介より引用)

【キャスト】
☆:アリシア・“ハヴァナ”・ビアロソン(★:アレクシス・オファリル)
★:ジョージ・キャラバン(☆:イェッタ・ナダリフタ)
☆:マーシャ・ペイデイ(★:マーロン・アルトゥ)
☆:アシュレイ・メリル・リンチ(★:イアン・アーチャー・ウォーチァース)
☆:イメルダ・ハードトゥ(★:カルロス・ガルシア)
☆:シルヴィー・グルイエ(★:スコット・マクドナルド)
☆:パール・リー・ゲイツ(★:アリ・メイジック)

以前からトロカデロにてライモンダが踊られている事はビデオで観たりして知っていました。そしてアレン・デニスさんが若かりし頃ホワイト・レディー役でトロカデロ版ライモンダの舞台に立った事もビデオで観ていた私。トロカデロ版ライモンダ、大好きです。まさかグランディーバでライモンダを観れるとは…。プレビュー公演演目リストを頂いた時点で、かなり嬉しい気分になりましたっ!(⌒-⌒)
前回舞台にて「ライモンダの結婚」演目に参加させて頂きました。曲はトロカデロからグランディーバに移籍したイメルダ・ハードトゥさん(★:カルロス・ガルシアさん)がソロで踊った曲を躍らせて頂いた事もあり。そして振りやパも同じだったので、とっても魅入っちゃいました♪このグランディーバ版ライモンダは来年もじっくり観たい演目であり、イメルダ・ハードトゥさん(★:カルロス・ガルシアさん)の活躍にも期待“大っ!”です。(^^)

まだまだ、今年のグランディーバ・シーズンは始まったばかりなのですが、今から来年の来日公演が楽しみになってしまった私です。(^^;;)

追伸:2006年5月7日、新宿文化センター・プレビュー公演の模様が5/11、NHK「こんにちは。いっと6けん」にて放送されるそうです。

« 猫の島?(=・・=) | トップページ | My Size Barbie♪ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102103/9955660

この記事へのトラックバック一覧です: グランディーバ2006プレビュー公演:

« 猫の島?(=・・=) | トップページ | My Size Barbie♪ »