◇◇◇お知らせ◇◇◇

里親さん募集LINK

  • いつでも里親募集中
無料ブログはココログ

« “森の妖怪”衣裳ざます。 | トップページ | 寒っ! »

2005年12月14日 (水)

LES BALLETS TROCKADERO DE MONTE CARLO 1995

Toro95_1

最近、コメディー・バレエ話題を書いていないので、本日はコメディー・バレエの話題。(^^)

“LES BALLETS TOROCKADERO DE MONTE CARLO 1995”

そうです。そうですぅ~。1995年のトロカデロ来日公演時のパンフ。某オークションにて落札しました。グランディーバ過去パンフの平均お値段よりも安かったかな。(・・)

この表紙の天使の絵が私は好きです。でも、それ以上にコメディー・バレエが好きだったりする私。トロカデロは実際の舞台を観に行った事は無いのですが好きです。グランディーバは友達の影響もあって2003年から毎年、必ず観に行ってますです。(^0^)♪

で…。“LES BALLETS TOROCKADERO DE MONTE CARLO 1995”のパンフ内容をご紹介。(・・)

東京公演の主催者はTBS。1995年5月31日の千葉県文化会館から1995年8月6日の新宿文化センターまでの日程にて日本全国の公演スケジュールです。

この年のプログラム内容は下記の通りです。

Aプログラム
 「白鳥の湖」 「瀕死の白鳥」 「パ・ド・ドゥ」 「ヴィヴァルディ組曲」 「ドン・キホーテ」

A´プログラム
 
「白鳥の湖」 「瀕死の白鳥」 「パ・ド・ドゥ」 「ゴー・フォー・バロッコ」 「ライモンダ」

Bプログラム
 「レ・シルフィード」 「瀕死の白鳥」 「ゴー・フォー・バロッコ」 「ライモンダ」

Cプログラム
 「白鳥の湖」 「パ・ド・カトル」 「瀕死の白鳥」 「カフェ」 「イエス、ヴァージニア、アナザー・ピアノ・バレエ」

Dプログラム
 「ジゼル」 「瀕死の白鳥」 「パ・ド・ドゥ」 「ゴー・フォー・バロッコ」 「ラ・ヴィ・パリジェンヌ」

1995年7月24日、渋谷公会堂、主催はTBSとザックコーポレーション。協力はオデッセー。公演プログラムはスペシャルプログラム。1995年8月6日、新宿文化センター、主催はTBSとザックコーポレーション。公演プログラムはガラ公演。って感じです。(・・)

この中で是非に観てみたいプログラムはDプログラム。「ジゼル」が観たいっ!だって、第2幕だもん。ジゼルが死んでしまった後のウィリーのシーンをコメディ化でしょ。観たい。絶対に面白そうっ!(⌒0⌒)

この“LES BALLETS TOROCKADERO DE MONTE CARLO 1995”のパンフ。出てましたっ!現グランディーバの方が出てます☆

以下、“LES BALLETS TOROCKADERO DE MONTE CARLO 1995”パンフより引用。

Toro95_3

Allen Dennis ~アレン・デニス~ (本名)
カリフォルニア州ロスアンゼルス出身
6月1日生まれ、双子座
出身校 マリン・バレエ(カリフォルニア州)
在籍したことのあるバレエ団 マリン・バレエ、カリフォルニア・バレエ
1983年3月にトロカデロに入団

Karina Grudj ~カリーナ・グラッジ~ (バレリーナ名)
叙情的でしなやか、足の長いカリーナ・グラッジ。この「チェルノブイリの天使」は筆舌しがたい繊細さと優雅さですべての大陸(2つを除く)を魅了してきた。いたずらっ子の彼女はゴーリキー作「鼻」に基づくバレエ、「左の鼻の穴」のタリューシャ役でデビューを飾って以来、観客を魅了し続けている。彼女は神経過敏で悩みの多いノイローゼ気味の役や、ぐちっぽい役で好評を博している。

※1995年のトロカデロパンフ、作品演目紹介「瀕死の白鳥」では別ダンサーの写真が記載されているのですが個人のプロフィール紹介のページではバッチリっ!今のグランディーバでお馴染みの“カリーナ版・瀕死の白鳥”の写真が記載されています。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

Brian Norris ~ブライアン・ノリス~ (本名)
オレゴン州ユージーン出身
9月12日生まれ 乙女座
出身校 ジェファーソン芸術スクール
在籍したことのあるバレエ団 オレゴン州立バレエ、ジェファーソン・ダンサーズ
1994年1月にトロカデロに入団

Vanya Verikosa ~ヴァーニャ・ヴェリコサ~ (バレリーナ名)
今日存命のバレリーナの中で一番の働き者である。三度の革命、二度の逆反乱、一度の交通ストを経験している。彼女のキャリアで一番忘れ難いのは、クローズの「ゴジラ」主役でろう。

Andrei Verikose ~アンドレイ・ヴェリコセ~ (バレリーノ名)
今日存命の男性舞踊手の中で一番の働き者である。三度の革命、二度の逆反乱、一度の交通ストを経験している。彼のキャリアで一番忘れ難いのは、クローズの「ゴジラ」主役でろう。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

“LES BALLETS TOROCKADERO DE MONTE CARLO 1995”
パンフ内でプロフィール付きで紹介されていたダンサーは下記のメンバーです。(^^)

・Kenneth Busbin ケネス・ブシュビン
・Tory Dabrin トーリー・ドブリン
・Mike Gonzales マイク・ゴンザレス
・William Grinton ウィリアム・グリントン
・John Guidice ジョン・ジユディッチ
・Bryon Heinrich ブライオン・ハインリッヒ
・Sam Lipton サム・リプトン
・Manolo Molina マロノ・モリーナ

・Joey Nevins ジョーイ・ネヴィンス
・Peter Richards ピーター・リチャーズ
・James Roy ジェームス・ロイ
・Gary-David Shaw ギャリー・デヴィット・ショウ
・David Tetraulf デヴィッド・テトロウト
・Damien Thibodeaux ダミアン・ティボビュー
・Jai Williams ジャイ・ウィリアムス
・Paul H.Ghiselin ポール・H・ギースリン
・Jacob Sparso ヤコブ・スパーソ

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

トロカデロからグランディーバに移籍するケースは多い?みたい。グランディーバ・フリークとしては過去のトロカデロのパンフは意外とお宝物かもっ!って私は過去のトロカデロのパンフは興味もあるし、グランディーバでは見れない現グランディーバ・ダンサーさん達のお写真も出てるので見つけたら購入する事にしています☆(^^)

« “森の妖怪”衣裳ざます。 | トップページ | 寒っ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102103/7624903

この記事へのトラックバック一覧です: LES BALLETS TROCKADERO DE MONTE CARLO 1995:

« “森の妖怪”衣裳ざます。 | トップページ | 寒っ! »